深川のお店紹介

清澄長屋で普段使いのカレー屋を <フダン>|清澄

清澄白河にできたランチ難民のオアシス

清澄白河駅から徒歩4分。清澄通り沿いにあるカレー屋さん「フダン」。 築100年近い、昭和レトロ感漂う長屋を素敵にリノベーションしたお店で、明るく入りやすい店内です。 ゆったりとした雰囲気は、忙しい日常を忘れさせてくれそう。 木目のカウンターテーブル カウンターの奥にはキッチンと清澄庭園の緑が見えて癒されますね。塗壁やシルバーの扉、木のカウンターと素材感ある内装がとても素敵! 店内には男女問わず1人~2人で来店されている方が多いので、女性一人でも入りやすいのも魅力的です。 フダン店内から店頭方向 フダンの店内にある小さめのテーブル席 店内にはカウンターの他に小さめなテーブルもあります。 さくっと食べたい、お仕事合間のランチにはもちろん、帰宅の際にちょっと一杯!にも使えそうですね◎ 店内の壁にぶら下げられた黒板にメニューが書かれている メニューはカウンター正面の黒板に。 レギュラーメニューの「カレーライス」と、「カツカレー」のほか、タイミングによって変わり種があることも。 この日はチリトマトカレーがありました。(他のお客さんが食べていてとても美味しそうでした…) お酒のメニューやトッピングが豊富にあるのも嬉しい。 白い皿に盛られたカツカレー 今回は「カツカレー」を注文。このカツカレー、侮るなかれ。 よくあるパン粉のカツではなく、薄い衣のパイコーカツなのです。外はサクサクなのにしっかり肉感もあってとっても美味しい…!個人的にはパン粉のカツがあまり得意ではないので、ここのカツカレーはお気に入りです ルーは辛すぎず、少しマイルドなので、辛い物が苦手な方にも食べやすいお味。 また、カレーの付け合わせには、箸休めに嬉しい福神漬けと辛いパウダーが付きます。 辛いのがお好きな方は、好みの辛さに調整してみて。

新しい憩いの場に

ガラス越しに見えるキッチン ガスコンロの鍋で調理するオーナー 今回特別にキッチンも少し見せていただきました! 腕を振るうのはオーナーの新宮ロペスさん。明るく親しみやすい方で気持ちのいい接客をしてくれます。 また、清澄白河で美味しいワインが飲めると人気のワインバー「ガゼボ」のオーナーでもあります。
倉庫をリノベしたガゼボの外観

すぐ近くにあるワインバー「ガゼボ」の外観

フダンの目の前にある道をまっすぐ行ったところにあるガゼボは料理もおいしいと評判で、お店の雰囲気もとても素敵! ワインに目が無い方には特におススメ◎ 元々東銀座の有名お店から独立して、ガゼボをオープン。 その後、お客さんから「ガゼボの近くにある長屋に空きがあるけど、どう?」と声を掛けられ、二店舗目としてガゼボをオープンさせたそう。 店頭にある黒板にOPENの文字 今後はカレー屋さんとしてだけでなく、もっと多様的な空間にしたいと話す新宮さん。 周辺に住んでいる方も、清澄白河に遊びに来た方も、ぜひ気軽に立ち寄ってみては?

<フダン>店舗概要

住所:東京都江東区清澄3-3-26 アクセス:東京メトロ大江戸線・東京メトロ半蔵門戦「清澄白河駅」徒歩約4分 定休日:火曜日 ※営業時間・最新情報は下記SNSをご参照ください。 ⇒ Instagram

【書いた人】草薙 奈央子

株式会社トラストリー リフォーム不動産深川studio |深川くらし相談所 くらし相談員 前職は空港の保安警備やアパレルの販売員とまったく不動産と関わりのない職から、株式会社トラストリーの考え方「利他の心」に惹かれ2022年2月に未経験で入社。 聞きなれない用語が多く、大きなお買い物なので不安になりがちな不動産購入ですが、お客様と同じ目線に立って丁寧にご説明や提案をさせていただきます。スパイスが効いたカレーが好き。  

深川くらしにお店の情報を掲載しませんか?

お店の情報を「深川くらし」に掲載してもいいよ!という方は、下記からお気軽にお問合せください! 簡単な審査後、直接取材にお伺いして無料で掲載いたします。

お問い合わせ

The post 清澄長屋で普段使いのカレー屋を <フダン>|清澄 first appeared on 深川くらし.