東京の高齢世帯、2040年45%超が一人暮らしに

進む単身化と高齢化

人気の清澄白河、門前仲町など東東京周辺のマンションを中心に、物件探しからFP相談、リフォームまでを手掛ける『リフォーム不動産 深川studio』代表のブログです!

今日も朝から快晴の過ごしやすい天気に恵まれて、リフォーム不動産深川studioの前を通る家族連れがいつもの週末より多い気がします。

さて、本日の新聞記事で気になるものがありました。

国立社会保障・人口問題研究所が19日発表した将来推計によると、2040年には世帯主が65歳以上の「高齢世帯」のうち40%が一人暮らしとなるとのこと。

特に東京都で45%超となるのを筆頭に、すべての都道府県で30%を超える見込みらしいのです。

背景には、未婚の男女が増えているほか、2030年には「団塊の世代」が全員80歳以上になって、配偶者と死別するケースも多くなることからこのような予測がなされた模様で、今後高齢者の生活を支える仕組みづくりが急務となるでしょう。

全国的に見ても、2040年の75歳以上の世帯が1217万と全体の4分の1を占め、一人暮らしは全体で1994万人と全世帯の約4割となり、75歳以上の一人暮らしも500万人を超えるそう。

「おひとり様」なんて、気楽に語っている場合じゃない数値ですね。

少子高齢化が進む中、求めるお部屋の広さも多様化してきました。

100㎡マンションがもてはやされた時代もありましたが、今となっては価格が上昇していることもあって、ファミリーでも60㎡クラスを求める方も増えてきています。

あまり背伸びをして広さを求める時代ではないことは確かだと思います。

広ければ物件価格もさることながら、管理費、修繕積立金や固定資産税の額にも影響が出てきます。

物件探しの際は、今後の生活スタイルや将来的な予測も考慮して無理のない範囲の物件探しをお薦めします。