「新築」「大手」安全神話崩壊!?

レオパレスに続き大和ハウスまでも。。

人気の清澄白河、門前仲町など東東京周辺のマンションを中心に、物件探しからFP相談、リフォームまでを手掛ける『リフォーム不動産 深川studio』代表のブログです!

今日の江東区に天気は快晴です。少し風が冷たいですが昨日よりも気温は上がって来そうで心地よいです。

レオパレスの施工不良問題が解決の糸口どころか拡大しているさなか、昨日のニュースに「お前もか。。」と愕然としました。

以下、日経新聞の記事の抜粋です。

「大和ハウス工業は12日、同社が建設した賃貸アパートや戸建て住宅の約2000棟が建築基準に適合していなかったと発表した。国土交通省は原因を詳しく調べるとともに、再発防止策を報告するよう同社に指示した。不適合があったのは2078棟。2001年1月~10年6月に引き渡した6都県のアパート200棟は、防火性が十分でない恐れがあったり、柱を基準と異なる仕様で施工したりした。また00年10月~13年2月に引き渡した29都府県のアパート990棟と戸建て888棟は、建物の土台となる基礎が国の認定に適合していなかった。
このうちアパート73棟は、2階外側にある廊下を支える柱が建築基準法などで求められる防火基準を満たしていない可能性があるため、4月中に改修を終える。工事は3日程度で、入居者が生活しながら進められるという。費用は約1億円を見込んでいる。残る127棟も所有者の要望があれば改修に応じる。基礎に問題のあった1878棟も構造上の問題はないという。退去する必要はないと説明していく。」

釈明会見の内容によると、大和ハウスは設計者が仕様を誤認していたことを原因に挙げているようだが、2016年末には社内の内部通報制度で把握していたようです。

 

その後、18年8月に外部から同省に「認定を受けている型式に適合していない物件がある」と情報提供があり、所在する自治体に調査を依頼しており、今年の2月にようやく大和ハウス側から国交省に報告があったというので、レオパレスの問題を取り上げたテレビ東京の「ガイアの夜明け」の放映が2月5日だったので、さすがにヤバいと思って国交省に報告したのかと疑ってしまいますね。

レオパレスの問題は、完全に社内の利益優先で行った悪質性の高い内容だと思っていますが、今回の大和ハウスの問題も気になるところです。

もはや「新築」だから安全とか、「大手」だから安全というのは言い切れないですね。

このような件で、住宅業界、不動産業界全体に対する信用が落ちてしまうことは、業界にいる人間としては非常に残念に思います。

最近は自動車業界でも、ブレーキ検査の不正や無資格者による検査の隠蔽(いんぺい)工作が外部の指摘で新たに発覚するなど、信用失墜する出来事が多いです。

発覚したのは氷山の一角なのかも知れません。

どの業界でも「利益優先」で顧客側を見ていない方たちはいます。

特に高いノルマを課して営業している会社は、利益優先になりがちです。

消費者側も「新築」だから、「大手」だからと安心することなく、見極める力が必要なのかも知れません。

弊社の方針は、お客様に寄り添った営業スタイルですので、自分たちの利益だけを優先して進めることはしていません。

ぜひお気軽にご相談にいらしていただき、私たちのポリシーを感じ取っていただければ幸いです。