清澄白河駅から徒歩9分 東京都現代美術館リニューアルオープン

3年間の休館を経て、待望のリニューアルオープン

人気の清澄白河、門前仲町など東東京エリアのマンションを中心に、物件探しからFP相談、リフォームまでを手掛ける『リフォーム不動産 深川studio』代表のブログです!

花見客でにぎわう木場公園の北側に位置する東京都現代美術館が大規模な改修工事を終え、本日装いも新たにリニューアルオープンしました。

3年ちょっと前、ここリフォーム不動産深川studioをOPENする前に一人で見学に行ったのが懐かしい。。

なんで大規模修繕に3年もかかるの?と、地元の人たちと首をかしげながらも心待ちにしていました。

この美術館は1995年(平成7年)に開館し、現代美術の紹介と国際的な視野での企画の実現を目指している、現代美術専門の公立の美術館です。

今の清澄白河人気にも貢献

駅の無かった「清澄白河」に都営地下鉄大江戸線が開通したのが2000年で、半蔵門線が開通したのが2003年。

それ以前の1995年に現代美術館は開館しており、当時は交通アクセスも悪く、いろいろと批判もあったようです。

開館後は、アート系の方たちが清澄白河に住み始め、地下鉄の開通により居住者も増え始めて、新しいお店もでき始め、今の清澄白河人気につながっていくわけです。

美術館が休館する時は、街のお店の人々も街に来る人が激減するのではと気にしていました。

ましてや3年近くも閉館するなんて思いもしなかったので。。

でもこの街の人々は、互いに協力しながらイベントを行ったり、それぞれのお店が創意工夫をしながら清澄白河を魅力的な街へと押し上げる努力をしていったのです。

今でも新しいお店が続々オープンし、私どものお店にもテナント探しの人が多くご来店されます。

この3年の期間はいい意味で、更なる知名度アップへの助走期間だったのかもしれません。

昨日はプレオープン日で入館料も無料とあって遅い時間までにぎわっていました。

私とスタッフも仕事終わってから閉館ギリギリまで鑑賞することが出来ました。

今は木場公園の花見と重なって、この1週間はかなり混雑するかもしれませんね。

今後もますます「清澄白河」から目が離せなくなりそうですよ。

近くにお越しの際は私どものリフォーム不動産深川studioも探してみてください。

実は店内にはアートコーナーがあって、地元の現代画家のヒロ・ヤタベさんの作品を常時展示していて購入も可能。

手軽に購入して飾れるミニサイズですので、そのまま持って帰れます(笑)

不動産やリフォームのご相談以外でもお気軽にどうぞ。