今話題のデュアルライフって知ってますか?

人気の清澄白河、門前仲町など江東区周辺のマンションを中心に、物件探しからFP相談、リフォームまでを手掛ける『リフォーム不動産 深川studio』代表のブログです!

だいぶ暖かくなって、江東区内に桜もこの週末が見ごろになりそうです。

この週末は、門前仲町周辺は桜がらみのお祭りが開催され、木場公園や清澄庭園も賑わいそうですね。

私たちも今度の日曜日に街の人たちと夜桜会を企画してるのですが、夜はまだ肌寒そうです。。

ところで、最近のトレンドになっている『デュアルライフ』ってご存知ですか?

誰が言い始めたのか、『二地域居住』を指す言葉なんですが、最近では雑誌でも特集され話題になっています。

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会および(公社)全国宅地建物取引業保証協会がインターネット調査した「住まい方の意識トレンド調査」によると、将来住みたい場所は「都市部」が59.0%、「地方」が41.0%だった。「20歳代」と「3世帯以上」の属性で「地方」が「都市部」の回答数を上回っているそうです。
また、「都市部」と答えた人に対して、「二地域居住」について聞いたところ、「是非やりたい」「可能ならやりたい」を合わせて23.9%。特に20歳代の関心が高い結果となっていて、一方、「地方」と答えた人に、「田園回帰」について質問したところ、「仕事や収入などの課題解決の施策が必要」と考える人が44.0%という結果に。

都心一極集中で地方の空家問題や地域活性が叫ばれる中、少しでも地方に目を向けてもらう意味でも、いい傾向なのかもしれません。

仕事を考えると都心に近いところに住みたい方は多いのですが、子育てを考えると田舎でのびのびと育てたい。

どちらのいいとこ取りをした生活ですが、もちろんコストもかかることなので、どこまで人気が出るかは景気次第というところでしょうか?

かくいう私も現在デュアルライフを満喫中。

普段は仕事の都合上、門前仲町の賃貸暮らしですが、休みの日は自宅の千葉は外房方面に帰宅しています。

もう子育てはとっくに終わっているので、休みの日は妻と二人で周辺をドライブしながら、直売の野菜や魚介類を買って料理を楽しんでいます。

地方は空家の問題や過疎化が進むなど、様々な問題を抱えています。

逆に言えば土地が安い分、新築戸建てでも1000万円台で買えてしまうことも。

『デュアルライフ』に興味のある方や外房方面の不動産にご関心のある方は、ぜひご相談ください!