賃貸住宅フェア2017に行ってきました。

東京ビッグサイトの会場は初日から大盛況!

江東区のマンションを中心に、物件探しからリフォームまでを手掛ける『リフォーム不動産 深川studio』代表のブログです!

蒸し暑い日が続いていますが、皆さん体調など壊されていないですか?

深川studioは少数精鋭の3名ですので、体調管理には気を付けていますが、こうも蒸し暑い日が続くと日頃の健康管理も大変ですよね。

本日はまた、近くの東京ビッグサイトで毎年開催されている「賃貸住宅フェア2017」に業界のトレンドを探りに行ってきました!

このフェアは、不動産オーナーと不動産業界で働く人をつなぐ展示ブースと各種セミナーを行っているのですが、昨今の収益不動産ブームと不動産業界の活況の影響なのか、展示規模も来場客もいつもより多いように思います。

今までの不動産オーナーといえば、いわゆる土地持ちの地主さんがほとんどで、年齢層も比較的高かったのですが、今はサラリーマン投資家含め、若い世代のオーナーが多くなってきたように思います。

そして展示ブースも投資家向けのブースが拡大されており、今の収益不動産活況そのままに時代背景が表れているのもこういった展示会の特徴ですね。

そしてセミナー会場も、投資家向けの空室対策やリノベーション、相続税対策等々、どこのセミナー会場も立ち見が出るところもあるくらいにぎわっていました。

こんな感じ ↓ ↓

そして私が思わず聞きたくなったセミナーが、TV東京のカンブリア宮殿でも紹介された千葉県の九十九里方面にある不動産業者「大里総合管理」の野老社長の講演です。

実は私の自宅のすぐ近くの業者さんで、毎日目の前を通っているので以前からよく知っているのですが、なかなか社長の講演を聞く機会が無かったので、今回チャンスと思って並んで参加しました。

講演のテーマは「地域に欠かせない不動産会社の道のり」

地域密着のスタイルは我々の会社と同じであり、大先輩の会社の話を少しでも参考にしたいと聞いてまいりました。

大里さんの取り組みはまさに長年徹底されており、我々の会社とは比べ物にはなりませんが、すぐに取り組めるヒントもたくさんありましたので、まずはそこから取り組んでいこうと思います。

とにかく一歩一歩です。