民泊は空室活用の救世主となるのか?

最近『民泊』という言葉を急に耳にするようになりましたね。


民泊とはその名の通り、『民家に泊まる』ことを意味しますが、最近では

そのとらえ方も多様になり、投資物件としてや空室削減のための活用等、

昨今の訪日客の急増による宿泊施設不足と相まって、俄然注目を浴びてきました。


訪日客といえば、中国等アジア圏を中心に訪日ブームが続いており、2015年の

訪日外国人数(推計値)は前年比47.1%増の1973万人と、政府と2020年の

目標の2000万人は前倒しして、今年にも達成する勢いです。


都心や出張先でもビジネスホテルが予約しづらい状況が続いていて、明らかに

宿泊施設が不足している現実を目の当たりにしている方も多いのでは思います。


そうした問題の解決策として『民泊』が注目を浴びてきているわけですが、当然ながら

様々な問題点も指摘されています。


1. 宿泊者の安心・安全面はどう担保するのか


2. 近隣とのトラブルにはどう対処していくのか


3. そもそも需要がそんなにあるのか


3番目については、訪日客のデータからも当面の需要はありそうなのですが、

1と2については、やはり具体的な法整備が重要になってくるでしょう。


Airbnb(エアビーアンドビー)のように民泊(バケーションレンタル)のインターネット

仲介を展開している企業がありますが、日本の不動産業界においても、大手から

ベンチャー企業まで、民泊関連ビジネスに参入し始めてきました。


今後の規制緩和により、高額な経済効果を見積もっているデータもあり、期待され

ている分野でもありますが、様々なトラブルの懸念もあり、我々ももう少し勉強が

必要です。


何事も立ち上げ時は、問題がつきものではありますね。


いずれにしても不動産業界は、旧態依然の考え方から、ここの所変わりつつ

あるように感じてるのは私だけでしょうか。。?