マンションの結露対策


今日は冬場に多い結露のお話 をします。


実は私の住んでるマンションも新築以来結露に悩まされていました。


冬場や梅雨の時期になると、窓はびっしょり。


ひどいときは室内の壁まで水滴がついてる状態。


住み始めた当初は、新築で購入したこともあり、コンクリートがまだ水分を


含んでいるせいかと思って様子をみていましたが、一向に収まる気配はなく、


特に冬場の朝は、妻が窓についた結露を掃除するのが日課となっていました。


マンションは気密性が高く、最近のマンションのように24時間換気の機能も


ついていないので、結露がひどいというマンションはよくある話です。


ひどくなるとカビの温床になるわけですが、目見える所だけでなく、


壁内結露と言って、壁の中に水滴がたまりカビてしまっているケース


や、木部を腐食させるケースもあります。


カビやダニが発生すると、健康被害にもなりかねないので、


やはりなるべくなら早期に対策をしなくてはなりません。


私のマンションも実際そうでした。


結露の原因はいろいろありますが、やはり湿気対策が必要です。


そこで昨年築20年経過したマンションを全面リフォームしたのですが、


万全な結露対策を試みました。


外気と触れている壁面部分は、ボードの全面がカビてしまっていたため、


一度スケルトン状態にしたあと、断熱ボードを入れて、さらにその上から


漆喰を塗りました。


ご存知の通り、漆喰には調湿効果があるため、湿気を吸引して、


逆に室内が乾燥しているときには吐き出してくれます。


クロスと違い仕上がりにも味が出るため、とても気に入っています。


今までがあまりにもひどかったため、実際どこまで効果があるか


半信半疑でしたが、この冬は実際ほとんど窓に結露がつかないんです。


もう一点これには理由がありました。


今までは石油ファンヒーターを暖房に利用してましたが、今年は今まで


暖冬だったこともあり、エアコンで暖房してました。


石油ファンヒーターは水分を含んでいるため、エアコンに比べて乾燥

しないのは良いのですが、その分結露になりやすいのです。

これで我が家の朝の日課(窓の結露掃除)が一つ減りました。


寒さが増してきた昨今、皆さんも結露で悩まれてないですか?


結露でお悩みの方はお気軽に『リフォーム不動産深川studio』に


ご相談ください。