今注目の街『清澄白河』✨

スタッフの山村です。
清澄白河・門前仲町エリアデビューして約一か月。
ちょっとずつ詳しくなってまいりました。
■そもそも清澄白河って?
_____________________________________________________________
東京都江東区にある地域の事。中央区に隣接。
もともとは下町の雰囲気が残る街でしたが、ここ10年ほどでカフェの街となり、おしゃれなこだわりのお店が続々とオープン。
■歴史と芸術の街、美しい日本庭園と現代美術
_____________________________________________________________
清澄白河といえばまずは清澄庭園。
明治初期に三菱財閥創始者の岩崎弥太郎が大名屋敷を買い取りました。
江戸時代の空気を味わう事が出来ます。

国内最大級の約3,900点のコレクションを誇る『東京都現代美術館』
レストラン、カフェテリア、図書館、無料のインターネットカフェもあります。

■清澄白河が一躍有名に。『ブルーボトルコーヒー』
_____________________________________________________________
ブルーボトルコーヒーが創業したカリフォルニア州オークランドは倉庫が立ち並ぶ街でした。
清澄白河の雰囲気がよく似ていた為、日本第一号店はこの街に決定。
倉庫を改装して出来た
『ブルーボトルコーヒー』

■かつては木材の加工工場が多かった
_____________________________________________________________
清澄白河には大きな古い倉庫が多く残っており、その倉庫を改装したカフェや雑貨屋さん、ギャラリーが多くあります。
古い倉庫を改装したカフェ
『PORTMANS CAFE』

木材倉庫を改装したニュージーランド発コーヒー焙煎所
『Allpress Espresso』

古い倉庫兼アパートを改装
『fukadaso』

清澄白河の下町らしさと最先端は、古い建物を改装する事により共存しています。
リフォーム不動産 深川studioは、
『中古マンションをほどよいリフォームと一緒に買おう』
上記をコンセプトに、築30年の建物を改装しオープンしました。


2~3年空室で、大家さんが倉庫として仕様されていたそうです。
下町の人情味溢れる大家さんはとても素敵な方です。
長野の美味しいリンゴを頂いちゃいました☺ 

とっても素敵な街、清澄白河のご紹介でした。