新築マンションと中古マンション あなたはどっち?

江東区のマンションを中心に、物件探しからリフォームまでを手掛ける『リフォーム不動産 深川studio』代表のブログです!

不動産業界のが繁忙期といえば、年度替わりの2月、3月が一番忙しくお客様のお問い合わせが多いのですが、リフォーム不動産 深川studioにお問い合わせいただくお客様の数は、5月に入っても今年は多い気がします。

多少なりとも知名度が上がってきたおかげもあるかと思いますが、嬉しい限りですね。

特にここの所、中古のマンションでも5000万円以上の高額な物件のお問い合わせが増えています。

ご予算が5000万円を超えてきますと、新築分譲マンションと競合するケースが増えて来るため、それぞれのメリット・デメリットをお話しする機会が増えてきているので、ここで新築を例に少しおさらいしてみましょう。

新築マンション購入のメリット

・とにかく未使用であることの気分の良さ

・税金の軽減等、新築特有の優遇処置が受けられる

・パンフレットやモデルルームも立派で、比較的じっくりと検討しやすい

・仲介手数料のかからないケースが多い

新築マンション購入のデメリット

・引渡しが先のケースが多く、その時点での金利が読みにくい

・隣人含め、どのような住人の方になるのかわからない

・実際の眺望がわかりずらい

・修繕積立一時金があったり、修繕積立金が安く設定されているケースがある

・物件のバリエーションが少ない(特に昨今は新築の供給が少ない)

・建築費と人件費の高騰により割高感がある

等々

今は中古マンションでも、新築のようにフルリノベーションされていたり、リノベーションの保証期間を設けていたりして、国の政策的にも新築と同等のメリットを受けられる物件もあるため、我々もメリット・デメリットをしっかりとご説明した中で、ご判断いただくようにしています。

昔から日本人は新築を好む傾向がありましたが、最近はそれも薄れつつあって、圧倒的な物件数のある中古マンションを品定めする方も多い傾向にはありますが、やはり新築はまだまだ人気がありますね。やはり一番の理由は見てくれの綺麗さと誰も使用していないという心理的な満足感だと思います。

高いお買い物ですので、ぜひいろいろと見比べていただき、プロのアドバイスも受けながらご検討いただければと思います。

お金のこと、リフォームのこと、不動産の市況のこと等々、ぜひ我々にご相談ください!

Leave a Comment